引越しの具体的な手順


人生における大きなイベントの一つとして
引っ越しがあります。


引っ越しの業者としては、
やはり入学入社シーズンである
4月前後が繁盛期ということに
なっているようです。


また、この時期でなくても様々な理由により
引っ越しする機会がでてくるかもしれませんが、


ある程度事前に手順を知っておくことで
いざ引っ越しが決まってから焦らずに
済むのではないのでしょうか。


ということで、具体的な引っ越しの手順を
解説してみたいと思いますが
まずは新居選びから始まります。


これは個人個人で好みなど求める部分が違うため、
じっくり自分に合った新居を選ぶといいでしょう。


次に引越し業者 を決めること になりますが、
最近ではインターネットから複数業者の見積もりを
一括出力できるサイトもあったりしますので、


こういったものを利用することにより
自分のニーズに合った業者を選ぶことができると思います。


同時に転入届と転出届および住 所変更の届け出
引っ越しする日の2週間以内に忘れずに行っておきましょう。


そしていよいよ引っ越しとなりますが
ここで転居日と入居日にズレがあってしまうと
荷持を運びだしたはいいが運びいれることが
できないといった事態もあり、


そうすると業者へと荷物を預けることになりますが
追加料金が発生してしまいますので
なるべくなら転 居日と入居日は合わせたほうがよいで しょう。

引越しの際のやることリスト


引っ越しは、非常に色々な事をしなければいけません。


ですから、引越間際になってあれをするのを忘れてしまった、
これをするのを忘れてしまったという事態が
起こりやすくなってしまいます。


こういった事態に陥らないようにするためには、
引っ越しの際のやることリストを作っておくことが
大事になってくるでしょう。


では具体的にどのような事柄を
リストアップして行けばいいのでしょうか。


まずは、やはり荷 物の整理で しょう。


持っていくもの、捨てるものなどをしっかりとしておかなければ
引っ越しは進みません。


また、ガスや電 気関係、電話関係も 引っ越しの際に
会社などに連絡しておく必要があります。


退出する際にも連絡が必要ですが、
新居に移る際にも連絡が必要になってくるでしょう。


他には、退出届 や各種書類などの提出も リストアップするべきです。


このように、引っ越しの際に必要になってくる事柄前部に対して
リストアップして行くべきなのです。


このリストはやはり自分が思い出したらすぐに書いていくという感じで
行っていくべきでしょう。


引っ越しのやり方は千差万別ですから、
自分にあった引っ越しに沿ったリストを作っていくべきです。

サブコンテンツ

このページ の先頭へ